読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欠伸した先は光陰矢のみ

筆をとった時より更にしょーもない日常的な愚痴がつまってます

徒然日記 八月三日

えーと、昨日の事で言い足りない事があったので言わせて下さい。今日の事は明日にでも書きます。

 

私、病院に行ったのですが、そこが美容皮膚科とか産婦人科とかの女性しか来ないタイプの病院でして。

なんで患者さんの彼氏が一緒に座ってベタベタしていらっしゃるのでしょうか!?

唯でさえ混んでいるのに場所とって鬱陶しいんですよ、ウザイんですよ!!

家で好きなだけやっとけバカヤロウ!大学生なら勉強しとけ!

マインクラフトならクリーパー投げつけて、鎌倉ならてつはう投げつけてるところですよ(要するにリア充は爆発しとけと)!

※これは決して彼氏のいない人の僻みではありません。

 

では、そのお二人が帰ってからそこに座られてた若い女性について少しお話します。

その方はショートカットでも少し髪の量が多いやぼったい印象の方で、シックな書体の書かれたTシャツを着てジーパンをはかれた割と地味な格好でしたが、文庫本を読みながら時折「くすくす」と笑われていらっしゃいました。

正直にくすって笑う女性って素敵だと思うんですよね。

その方を見た後に、いかにも男性ウケしそうな服装でスマホいじっている女性を見るとなんだか興ざめします。なんか馬鹿そうだなーと←すいません

 

まあ地味な美人より派手な凡顔の方がウケてしまうのはもう仕方ないといいますか・・・。

この世は理不尽です。