欠伸した先は光陰矢のみ

筆をとった時より更にしょーもない日常的な愚痴がつまってます

徒然日記 三月十三日 華盛りの一年に向けて

 

やっとテストが終わってここへ来れた・・・!!!

 

物理で既に赤点をとってしまっている私は追認考査を回避できるのかと冷や冷やしていましたが、何の問題もなく学年末は通過していきました・・・マジで良かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお←ウルサイ

 

最近は沈丁花が良い香りを放っていますね、本当に愛らしいお花です。

複数でまとまっている様子が花束みたいで美しいですよね・・・あ、私の正体を知ってる奴!今らしくねーと思っただろ!!私だって大和の撫子まで可愛くはないかもしれないが娘だからな!その内ちゃんとしたお家にお嫁に行くんだからな!・・・あ、でもその前に受験だな・・・ははは・・・自分で首絞めちゃった・・・。

 

今日は栄にオケの練習に行って参りました。

今度名フィル名古屋フィルハーモニー交響)の皆さまとウチのオケの精鋭(私はそこの出がらし)が共演するのです。

指揮者はマーティン・ブラビンズ先生。明るくユーモア溢れる素敵な方です。

英語も大方聞き取れました。良かった・・・。

何故か妙に親近感を覚えるなあ・・・と思っていたら、そーいえば私のホストファザーに雰囲気がそっくりでした(笑)。

 

 

来年度から高校二年生です。華のセブンティーンという言葉は最近になって知りました。

私の大好きな歴史が始まりますし、部活も中心になって行わねばならない。

・・・私に甘酸っぱい話は似合いませんからそういう出来事はないと思いますけど!・・・まあ憧れないこともない。いや、別にそんな相手いませんよ!?