読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欠伸した先は光陰矢のみ

筆をとった時より更にしょーもない日常的な愚痴がつまってます

徒然日記 七月七日

 

七夕です。さーさーのーはーさらりんこーです←絶対違う

 

今日の授業中、先生が「織姫と彦星って一年に一回しか会えないから地球人は可哀想だと思ってるけど、宇宙が五十億年生きてることを考えると、織姫と彦星は地球を見て百年くらいしか一緒にいられないなんて可哀想だなって思ってるかもしれないよね」と仰い、男子の一人が「先生、引き離される前は半同棲でしたからもっと会ってますよ」という会話をしていました。

 

私から言わせて頂くと、別にいいんじゃない?

 

だって、好きな人と会うのに回数って関係ないと思うんですよ。

織姫様と彦星様が何億年も生きるなら、その間ずっと逢瀬を楽しめばいいじゃないですか。地球人だって限られた時間の許すだけ一緒にいればいいのですから。

私はそんなことに突っ込んで語るのは野暮だと思うんですよね。

 

・・・え、私が会いたいのは誰かって?そんなこと聞くな無粋者!←誰が聞くか